将来を考えて−保険加入についての基礎知識−

おすすめ記事

私の実体験

5年近く前になりますが、初めて入院をしました。私はとても健康に自信があり、普段から病院にかかることは少ないのです。入院を・・・

治る病気となったがん

がんは助からない病気だというのは、最近ではあまり聞かなくなりましたね。医療技術の進歩により、がんにかかっても治療をして社会復帰・・・
将来を考えて−保険加入についての基礎知識−

生命保険の重要性

毎日のようにテレビで、生命保険のコマーシャルを見かけますね。
最近は商品も増えてきて、何がいいのかよくわからない人も多いことでしょう。
日本では健康保険の加入が義務付けられています。
会社で加入している場合もあれば、個人で国民健康保険に加入している人もいるかと思います。
しかし、入院や手術となった場合には高額な医療費がかかります。
そのかかった分をサポートするためのものが生命保険なのです。

しかしながら医療の進歩が進み、従来の生命保険ではカバーしきれない部分が出てきました。
例えば入院5日目から入院保障が出るものは機能しない場合が多いです。
カテーテルによる治療が推進されているために、心筋梗塞の治療をしたとしても4日で退院できるようになったためです。
こういった場合にはやはり入院1日目から保障が付くに切り替えないと意味がないのです。
他にも成人の3大疾患といわれるがんや心筋梗塞などの場合にはそういった特約の生命保険に加入していないと保障がされない場合があります。

数年前から医療はものすごいスピードで進化を遂げていますので、今一度ご自分の保険を見直すことをお勧めします。
他にも、最近主流になってきた掛け捨て保険ですが、終身タイプのものと比較をした上でどちらがいいのかを選ぶことが大切ですね。
入院となると、入院や手術のほかにも日用品を買い足したりしなければならなかったりと通常よりもお金がかかるのが事実です。
せめて入院費が保障されなければ、治療を受けることも躊躇してしまいませんか?
そうならないためにも、自分の保険についての正しい知識と、保障の見直しをしっかりと行ってください。

入院日数は少なくなりましたが、医療技術が向上しているために、手術や処置といった金額はとても高いです。
がんなどで認可されていない治療薬を使う場合、健康保険外の治療になってしまいますので、見直しをした際にはそういった内容もしっかりとチェックしてください。
Recommended Site
医療保険の保険料とプランの比較をしよう。
どんなプランがあなたに一番ピッタリですか?抜群の情報量のこのサイト、使えますよ。

2014年 保険会社ランキング
1東京海上日動フィナンシャル生命
2東京海上日動あんしん生命
3ソニー生命
4アクサ生命
5三井住友海上あいおい生命
6三井住友海上プライマリー生命
7NKSJひまわり生命
8日本生命
9アメリカンファミリー生命
10プルデンシャル生命
11マスミューチュアル生命
12マニュライフ生命
13AIGスター生命
※生命保険の支払能力を元に独自の方法で算出しています。
Google